読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

還暦からの再起動

リタイア後に田舎暮らしを始めた還暦女子。それなりの「人生の旬」を綴ります。

暮らし

思春期男子の子育て相談に撃沈の還暦夫婦

今日は、先週の小学校の運動会に引き続き、中学校の運動会。 昨日、中学校1年生の男の子をもつまりちゃんが、「お弁当お願いします」の依頼に自宅に寄ってくれました。 まりちゃんは、事情があってご主人とは現在別居中。 中学校1年生のひろし君と小学生の…

シニアが描く自画像の味わい

移住して始めた趣味。 それは、ベリーダンスと絵を描くこと。 月2回の絵画教室に、かれこれ3年、通っています。 メンバーは、その8割が、60代と70代。 総勢12~13人。先生も、リタイア後の60代女性。 教室は、毎回、シニアパワー全開です。 ある日のお題…

よそん家の運動会のお弁当を引き受ける

全国的に、「もう勘弁してよ~」と言いたくなるほどの快晴ですね。 まさに、陽射しが痛い! そんな今日、市内の小学校では、一斉に運動会が執り行われています。 老いも若きも 何しろ少子化が進むわが街のこと。 子供たちだけでは、演目が埋まらない。一日も…

老後を田舎で暮らすにはー高齢者の運転事情

都会から田舎に移住して5年あまり。 大きな生活上の変化は、何といっても車が無ければ暮らせないようになったこと。 最も近いスーパーマーケット、コンビニまでは8キロ。 市役所までは12キロ。 かかりつけのクリニックまでは10キロ。 唯一の公共交通機関で…

炊飯器の内蓋って、毎日洗うものなの?恥ずかしながらこの年になって知りました。

先日、アラフォーの友人2人と一緒にお料理。 食べ盛りのお子さんのいる家庭ゆえ、メニューのひとつに炊き込みご飯を加え、ご飯もたくさん炊きました。 出来上がったお料理を食べながら、ひたすらおしゃべり。 昼間から禁断のビールもいただき、「さてさて片…

台所に他の人が入ることに抵抗はありますか?

昭和ヒトケタ生まれの姑は、家事万端になみなみならぬこだわりをもった人でした。 特に台所は姑の聖域。 夫とともに帰省した折、台所仕事を手伝おうとすると、 「いいから、いいから、〇子さんはいいの。休んでいて」と追い返されるような勢いで強く制止され…

使いきれずに捨ててしまうことってありますか?ーリタイア後の夫婦の家事分担

冷蔵庫にある食品、食べきれずについつい捨ててしまうことってありますか? 夫も私も仕事をしていた頃は、冷蔵庫にお肉や魚があることがわかっていても、疲れているからとついつい外食したり、お惣菜を買ったり。 もったいないことに、食品を捨ててしまうこ…

外食したけど食べきれない。「食べ残しのテイクアウト」はありかなしか?

私たち夫婦は、週に1度程度、ランチで外食をすることが、今の暮らしのささやかな楽しみになっています。 ただ、年を重ねるごとに、私は食が細くなり、一度にたくさん食べられなくなってきました。 少しボリュームのあるメニューは、必ず残ってしまいます。 …

移住後の暮らしに自分たちの価値観を持ちこまない

昨日は、穏やかなお天気に誘われて、外出。 市内のうどん屋さんで、お昼ご飯をいただきました。 そのお店は、全国展開のチェーン店ではなく、市内に3店舗を構えるセルフ方式のうどん屋さん。 お出汁と揚げたての天ぷらが美味しくて、お気に入りのお店のひと…

プレミアム有料老人ホームの資料を取り寄せてみた

両親の介護をきっかけに、自分たちの行く末を現実的に考え始めた私たち夫婦。 「終の住まい」となるような高齢者施設のパンフレットをいくつか集めてみました。 自分たちにも手が届きそうなお手頃価格の施設が中心ですが、ごくわずか、富裕層向けのプレミア…

レンチン料理、夫の感想

友人から教えていただいた、今話題の、「全部レンチン!やせるおかず」を作ってみました。 「時短、手間なし、失敗なし」そして、しかもやせる! こんないいことはないじゃない!と手始めに3品、トライしました。 時短、手間なし、失敗なしに偽りなし 3品…