還暦からの再起動

お料理レシピ、時々、遠距離介護や病気との付き合いなども。人生の下りを楽しむ還暦女子の日常です。

対人関係

知り合い以上友だち未満の心地よい距離感

昨日、半年ぶりに81歳になるAさんから電話をいただきました。 Aさんは、当地に移住した6年前、同じ移住者の先輩として紹介され、それ以来のお付き合いです。 当初は、ランチに自宅へお招きしたり、ご自宅に伺ったり、夫婦でのお付き合いをしていました。 と…

スタッフの切ない小さな嘘と甘酸っぱい思い出

スタッフといっても、友人の部下のお話しです。 高齢者施設で管理者を務める友人は、お茶をしながら、あるスタッフのことを話し始めました。 そのスタッフは、昨年高校卒業し、福祉の世界に飛び込んできました。 若さゆえに、今はまだ気が効かない。 だけど…

「鬼嫁」発言の真意、どなたかお教えいただけないでしょうか?「男らしさ」と「鬼嫁発言」を考える。

学生時代から長く関東で生活を送ってきた私が、関西に移住して約6年。 関東と関西の文化の違いを肌で感じることもしばしば。 そんななかで、男性がご自分の奥様のことを、「うちの鬼嫁が・・」と呼ぶのに何度も出会ってきました。 具体的な「鬼嫁」の使い方…

大切な人に貸してほしいと言われたら。大切な関係を守る人生の才覚

隠れ家のスペース 私たち夫婦。 当地に移住した当初は、仕事を縮小はしつつも、こちらに事務所も移し、細々と仕事も継続していました。 事務所としていたのは、自宅から車で10分程度の距離にあるマンションの一室。 事務所を閉鎖した今は、小さなお料理教室…

関西人の実力に圧倒される!-このフレンドリーさは何?

昨日も好天に恵まれた当地。 関西へ移住してお知り合いになれた友人2人と知り合いの個展に出かけました。 会場は、住宅街を抜けたカフェの一角。 開場は10時でしたが、せっかちな私たちは、30分も前に到着。 近くを散策して時間を潰すことにしました。 事の…

田舎暮らし、ご近所さんとの距離感:農家派と漁師派

都会から田舎へ転居した友人。 玄関のベルを鳴らすこともなく、「〇子さん、いるぅ~?」と近所の方が家の中に入ってくる地域の風習にも馴染めず、長年ストレスを抱えていたようでした。 そう言えば夫の田舎でも、帰省するや否や、車庫の車を見つけて、 「〇…

癌であることを打ち明けられたら、何と応えますか?

癌であることを誰にどう伝えるか 昨年の10月、早期の乳がんであることがわかり、12月に手術を受けた私。 そのことを誰に、どう伝えるかを考えた時期がありました。 広く宣伝するようなことではないけれど、かといって、誰にも伝えずにいるもの不自然。 特に…

謝ることの難しさ-回転寿司にて

今日は午前中、夫と食材の買物に出かけました。 そして、その帰り道、回転寿司で早めのランチをいただきました。 開店時間早々に飛び込んだので、私たちが一番のり。 他にお客様はなく、静かな店内での出来事でした。 注文したお味噌汁がなかなか来ないので…