還暦からの再起動

リタイア後に田舎暮らしを始めた還暦女子。それなりの「人生の旬」を綴ります。

カリカリとパリパリでお箸が止まらない!「カリカリバラ肉ときゅうりの炒め物」

昨日、スーパーで目を引いたこちらのきゅうり。

8本で198円!

鮮度良し!

というわけで、お買い上げ(^^♪

 

f:id:yuuhinooka:20170614062029j:plain

 

しかしながら、このきゅうり。

サラダや漬物の材料としてはなくてはならない存在ながら、なかなか主菜にはなりにくい。

今日は、きゅうりがそんな脇役の座から、一挙に主役の座への変身を遂げる一品のご紹介です。

 

カリカバラ肉ときゅうりの炒め物」

f:id:yuuhinooka:20170613175621j:plain

 

近寄ってみるとこんな感じ。

f:id:yuuhinooka:20170613175504j:plain

 

カリカリに炒めた豚バラ肉と、きゅうりのパリパリした食感がセールスポイント。

味付けは、塩と醤油のみ。

生姜とニンニク、赤唐辛子のパンチが、ビールとの相性を引きだします。

もちろん、ご飯との相性も抜群です。

大人から子供まで、これはもう、箸が止まらない!(*^^)v

 

さっ、それではレシピにいってみましょう!

材料(2人分)

・きゅうり 大3本(小4本)

・豚バラ肉 150g

・生姜 千切り 1かけ分

・にんにく 千切り 1かけ分

・塩 小匙1/2

・しょうゆ 大匙1

・赤唐辛子 お好みで

 

作り方

①きゅうりは、3ミリ程度の斜め切りにし、塩小匙1/2でもむ。水が出てきたら、ふきん、またはキッチンタオルでぎゅっと絞る。

②豚バラ肉は一口大に切っておく。

➂フライパンを熱し、油をひかずに豚バラ肉を入れ、カリカリになるまで炒める。8分目ほど炒まったら、生姜とニンニク、赤唐辛子を入れ、さらに炒める。

④豚バラ肉が炒まったら、しょうゆをまわしかけ、きゅうりを加えて、ざっと混ぜる。

 

注)

*きゅうりは塩をまぶして軽くもみ、10分以上放置しておくと水が出てきます。

*豚バラ肉は、中火~弱火でじっくり8分以上は炒めてください。

*豚バラ肉から脂が出ます。気になる方は、キッチンペーパーで拭き取り可ですが、拭き取り過ぎると美味しくありません。きゅうり全体に油が回る程度に拭き取ってください。

*冷めると豚バラ肉の脂が白く固まります。熱いうちに召し上がってください。

 

簡単でリーズナブル、子どもも大人も喜ぶこの一品。

よろしければ、どうぞお試しあれ!

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村