還暦からの再起動

リタイア後に田舎暮らしを始めた還暦女子。それなりの「人生の旬」を綴ります。

還暦女子の筋力アップ作戦、スタートします!

昨日は、「本日100記事目」の記事に、たくさんのスター、ブクマ、コメントをいただき、ありがとうございました。

「ブログをやって良かったなー」とつくづく感じた1日。

今日から思いも新たに、更新です!

 

さて、ブログを通じて、たくさんの刺激をいただいている私。

例えば、かりんかさんのこんな記事。

 

www.karinkalife.com

かりんかさんは、軽い運動とゆる糖質制限で、体脂肪率、筋肉量増に成功されました。

  

そして、あさひさんは、ただ今エクササイズに絶賛取り組み中!

15キロの減量を目指しておられます。 

asahi-diet.hatenablog.com

 

40代、50代の方のこんな記事を拝見し、「還暦女子の自分はどうなん?」とわが身を振り返る機会をいただきました。

 

この1年半の変化

昨日、久しぶりに自宅の体重計で体組成率を測ってみました。

身長は161.5センチです。

 

         1年半前   現在

体重       52.6キロ ➡ 49.3キロ(-3.3)

BMI        20.5   ➡  19.3(−1.2)

皮下脂肪率    23.7   ➡  22.8(-0.9)

骨格筋率     25.5   ➡  25.0(-0.5)

両脚の骨格筋率  38.0   ➡  36.5(-1.1)

 

ここ1年ほど、乳がんの手術を受けたり、両親に介護が必要になったり、今度は甲状腺がんの手術を受けたりとバタバタすることが多く、週1回のダンス以外はすっかり運動から遠ざかっていた日々。

体重も皮下脂肪率も、骨格筋率も減少し、身体全体がしぼんだ感じ(涙)。

まさしく老化以外のなにものでもありません。

特に、両足の筋肉の衰えが最も顕著です。

 

サルコペニアが心配

人間の筋肉量は、40歳を境に徐々に減少し始めるとのこと。

加齢・疾病・運動不足・栄養不良による体内の筋肉量の著しい減少、あるは歩行機能の低下を「サルコペニア」というそうです。

そして、この筋肉低下は、骨や関節等の運動器に影響を及ぼし、日常生活が困難になったり、要介護状態の危険性が増えれば、「ロコモティブシンドローム」と呼ばれる状態に。

ロコモティブシンドローム」を防ぎ、アクティブシニアを実現させるためには、とにかく筋力アップが必要です。

 

筋力アップ作戦は?

これは、本腰を入れて筋力アップに取り組まなければなりません。

とは言っても、なんたって還暦女子。無理をすれば、関節に負担がかかり、致命傷に。

そこで、

①まずは、下半身の筋力アップから始め、徐々に全身へ。

②体重はむしろ増やしたいので、有酸素運動より筋トレを優先。

③毎日、無理なく生活に取り入れられる方法を考える。

という3つの柱を考えました。

 

それで、結論です。

まずはこの1週間、スクワット1日50回からはじめてみようと思います。

朝、昼、夜の3回、10回づつ。

あとは、大根が煮えるまでの時間に10回。

洗濯機の脱水が終わるまでの時間に10回。

スキマ時間を使ってとにかく1週間は続けようと思います。

何かが変わるのか、変わらないのか!?

 

今日からスタートです(*^-^*)

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村