還暦からの再起動

リタイア後に田舎暮らしを始めた還暦女子。それなりの「人生の旬」を綴ります。

切ってまぜてこねるだけ。ふんわりジュージー、ヘルシーな豆腐ハンバーグかいかがでしょう。

ハンバーグは、子どもも大人も大好物。

そのご家庭のお味がありますね。

玉葱をしっかり炒めて手間をかける、そんな作り方もあるけれど、玉葱を炒めず、ただ切って材料を混ぜるだけ。

そんな簡単な作り方でも驚くほどふっくら、美味しいハンバーグの出来上がり!

今回は、なんと!お肉の半量のお豆腐を使ったヘルシーな豆腐ハンバーグのご紹介です。

 

今回ご紹介する豆腐ハンバーグはこちら(^^)

f:id:yuuhinooka:20170620125935j:plain

 

近寄ってみましょう

f:id:yuuhinooka:20170620130010j:plain

肉汁で、パンパンに膨れ上がっておりますよ~(^^♪

 

それではレシピです。

 

材料(作りやすい分量でのご紹介です。手のひらサイズのハンバーグ6個分)

A・合挽肉 300g

 ・絹ごし豆腐 300g

 ・玉葱みじん切り 玉葱大で1/2個、小なら1個分

 ・パン粉 1カップ

 ・卵 1個

 ・粉末のコンソメの素 小匙1

 ・塩、ナツメグ、こしょう 適量

 

B・ケチャップ 大匙4

 ・中農またはトンカツソース 大匙2

 ・酒または水 大匙3

 ・みりん 小匙2

 

作り方

①Aの合挽肉以外の材料をボウルに入れ、泡立て器でグルグルかき混ぜる。

②①に合挽肉を入れ、手でねばりが出るまでよくこねる。

➂②を6等分し、俵型にまとめ、火が通りやすいように中央にくぼみをつける。

④フライパンにサラダ油大匙2を熱したら、ハンバーグの種を入れ、中火で焦げ目をつける。色よく焦げ目がついたらひっくり返し、両面、焦げ目をつける。

⑤両面に焦げ目がついたら、弱火にして約8分、蓋をして蒸し焼きにする。

⑥ハンバーグの中央を竹串で刺し、透明な肉汁がでてきたら焼き上がり。焼き上がったハンバーグを皿に移す。

⑦ハンバーグを焼いたフライパンにBの調味料を入れ、よく混ぜて火を通し、ソースを作る。

⑧皿にサラダ菜を敷き、ハンバーグをのせ、ソースをかける。

 

注)

・1つ120g程度のタネが6個できます。

・絹ごし豆腐の水切りは不要。冷蔵庫から出してすぐに使ってください。パン粉が豆腐  

 の水分を吸ってくれます。

・タネが柔らかいので、フライパンで焼きに入ったら、なるべく触らないようにすると   

 うまく焼けます。

・ソースは、お好みで最後にバターを入れて煮詰めるとコクが出ます。

 

 アツアツのうちに、トロリとソースをかけ召し上がってください。

冷めたらパンに挟んでハンバーグサンドにしても美味しいです。

 

 

 

こちらのレシピは、ユミころさんのレシピをアレンジしました。

元レシピもどうぞご覧くださいね。 

 

cookpad.com

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村