還暦からの再起動

お料理レシピ、時々、遠距離介護や病気との付き合いなども。人生の下りを楽しむ還暦女子の日常です。

おっさんのおばさん化が進んでいる!

昨日のこと。

久しぶりに、少し離れたマクドナルドに夫と寄ってみました。

時刻は、平日の午前10時。

「この時間は、きっとガラ空きだね」

そんなことを話しながら入店したものの、広い店内のテーブル席の半分は、お客様がすでに座っておられました。

少し驚いたのは、ほとんどが初老から老年の男性。

お一人さまは少数で、7~8人の団体様から3~4人の小グループまで。

なかには、窓際のカウンター席にお二人並んで、おっちゃん二人が顔を寄せ合ってコーヒーを啜る姿も。

あちこちのテーブルからは、明るい話声が響いていました。

 

さしずめ、女性ならば、こじゃれたカフェでお茶をするということなのでしょう。

おっちゃんたちには、こじゃれたカフェは、少し敷居が高い。

10時半までなら、格安のモーニングが提供されるマクドナルドは、おっちゃんたちの朝の社交場として活用されているようでした。

 

「おっちゃんたちもやるねぇ」

「男は群れない・・そう相場は決まっていたもんだけど、世の中変わったなぁ」

「そうねぇ、朝の散歩のおっちゃんたちも楽しそうだものね」

そんな会話を交わす私たち。

 

実は、自宅の前を、毎朝散歩コースとしているおっちゃんたちのグループがあります。

メンバーは5人。

みなさんリタイア組。

おしゃべりをしながら連れだって歩き、道ゆく人に明るく挨拶。

小一時間も歩くと、お決まりのベンチで休憩。

そして、おしゃべり。

ひなたぼっこをしながら、これまた小一時間ほど。

 

昔なら、これをご近所の井戸端会議と呼んだのかもしれません。

女性の、それもおばさんの専売特許のように称されていましたが、当地では、今やおっちゃんたちの大切な朝の日課となっています。

 

「おっちゃんが、だんだんおばさん化してきたなぁ」と夫。

「いいことだね。」と私。

 

というのも、母が、「主人在宅ストレス症候群」でずいぶんと苦しんだからです。

父は、「男がそんなことできるか!」という典型的な亭主関白。

朝、どっかりとリビングに腰を下ろすと、「お茶!」、「飯!」、「新聞!」と叫び、ほとんど外出しようとはせず、母が出かけようとすると、「何時に帰ってくるんだ」「どこへ行くんだ」と細かく詮索。

「一緒にいつだけで息が詰まる」と母はよく泣き言を言っていたものです。

 

10年ほど前でしょうか。定年後の男性が、「払っても、払って奥様についてくるぬれ落ち葉」などと言われた時代もありました。

「定年後をどう生きるか」を扱った本も多く出版されたように思います。

当地は、封建的な雰囲気が残る田舎の小さな街ですが、それでもその頃に比べると、世の中は大きく様変わりしていることを実感しています。

 

おっちゃんがおばさん化し、おばさんがおっちゃん化する。

男性も育児休暇をとる時代になり、男性介護者も増えてきました。

同じ服を、20代の若いお嬢さんも70代のマダムも自分流に着こなすようになり、ジェンダーや年齢の境界がずいぶんと薄らいできたように思います。

あと10年もすれば、さらにさまざまな境界が曖昧になることでしょう。

 

どんなボーダーレス社会が到来するのか、皮膚の色や言葉の境界もなくなるのか、経済格差はどうなのか、とりとめもなく夫とおしゃべり。

でも、一番大切なことは、性別や年齢にとらわれない柔軟な自分自身であること。

そんな結論に落ち着いたのでした。

 

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

 

ユニクロ、GU。「他の人とかぶる」問題を考える。

先日、友人と二人でちょっとオシャレなイタリアンレストランでランチを楽しみました。

コースメニューのディナーは、なかなか手が出ない。

でも、ランチならば、手頃なお値段で美味しいものがいただけ、開店直後というのに店内はすでに予約客でほぼ満席でした。

時は4月の第1週で、お花見日和。

春休み中の女子大生のグループと思しき一団体様が、ひときわ華やかなオーラを放っていました。

 

「若いっていいねぇ」そんなことを友人と呟きながら、私の目は、ある一人の学生さんに釘付けになりました。

彼女が来ていたデニムのジャケット、それはまさしく、先月私が購入したのと同じもの。

二十歳前後の彼女は、ビンクのレースのカットソー。そしてボトムスはジーンズ。そのうえにジャケットをはおり、白のスニーカーといったラフないでたち。

飾り立てずとも、若さが匂い立つようで、とてもお似合いでした。

 

そして、帰り際に席を立った時、思わず「あっ!」と声を出しそうになりました。

グレイヘアの姿勢の美しい、素敵なマダムがさりげなく羽織っていたデヌムジャケット。

それは、まぎれもなく、私も購入し、二十歳前後の学生さんも着ているあの品物でした。

通常のデニムジャケットよりも、ゆったりしたシルエット。特徴的な袖のかたち。そしてステッチの色。

多分、間違いはないと思います。

 

無造作に結い上げ、シニオンにしたグレイヘアー。

流行りのトッド柄のワンピース。大きなペルシアンブルーのイヤリングと同色のネックレス。そして足元は、低めのパンプス。

袖を通さず、無造作に羽織っただけのジャケットが、グレイヘアーに映えて、これまたとってもお似合いでした。

 

マダムはお年の頃、70代。

このお店のなかで、20代の若いお嬢さんと70代のマダム、それぞれが同じジャケットを自分流に素敵に着こなされていました。

 

ユニクロやGUといったファストファッション

スタイリッシュで、お値段もお手頃。

ただ、あまりにも多くの方がお召しになっておられるので、「他の人とかぶる」問題がちょっと気になるところでした。

ファストファッションには見えないように着こなすのがポイントかもしれませんが、やはりわかる人にはわかりますね。

 

ただ、これだけ商品が出回っていると、むしろ、誰でもが着ているこのアイテムを、どうやって自分流に着こなすかが大切。

「みんなが着ているから嫌だな」というのではなく、みんなが着ているこのアイテムで、どうやって自分らしさを表現するか。

若い女性には若さゆえの着こなしが、大人の女性には大人の魅力を引き出す着こなしが、そしてマダムにはマダムのもつ品を引き立たせる着こなしがあることを学びました。

たとえ身に着けている商品は同じでも、全く違った個性や魅力を演出するのは自分自身。

「他の人とかぶる」としり込みせずに、自分らしいオシャレを楽しみたいと思います。

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

リタイア後の男性のみだしなみに必要なのは、「誰かから大切にされている感」。

62歳になる夫。

リタイア後は、「ネクタイ」、「革靴」、「ベルト」、もちろんスーツとは無縁の生活を送っています。

身体を締め付けるようなものは、いっさい身に着けたくないとのこと。

極端に暑がりで、80キロを超す「立派なご体格」ゆえ、普段は、ウエストゴムの綿パンにTシャツといういでたちです。

オシャレにはほとんど関心がないようで、こだわりはただひとつ。

それは「清潔」であること。

洗濯にはなみなみならぬこだわりがあり、あれこれ洗剤や柔軟剤を試しては、加齢臭撲滅に心血を注いでいます。

 

そんな夫の綿パン事情。

長らくアイロンもかけずに、もっぱら洗いざらしの風合いを楽しんでいました。

庭仕事をして何度か着替える日もあり、「アイロンなんかかけたって、どうせすぐにシワシワになっちゃうんだから大丈夫!」というのが夫の弁。

「まぁ、本人がそういうのだから、いっか」と根っからズボラな私は、「本人の希望」という大義名分で、夫のズボンのアイロンかけは長らく遠ざかっていました。

かくして、ヨレヨレの綿パンとTシャツ、スニーカーという夫スタイルが完成。

スーパーでもどこでも、このヨレヨレスタイルででかけていました。

「リタイア後は、アイロンの線なんか気にしない、気にしない!」とばかりに。

 

ところがある時、知り合いの70歳代の男性Aさんとスーパーで久しぶりに再会。

ひどく疲れて、沈んだ様子でした。

聞けば、奥様が急に入院され、慣れない家事に四苦八苦しておられるとのこと。

生気漲る普段の様子とはかなりの落差。

ご挨拶をして見送る後ろ姿を見ながら、あることに気づきました。

「あっ!ズボンがいつもと違う・・」

 

その男性は、きっと奥様が毎日アイロンをかけておられたのでしょう。

センタープレスのピンときいた綿のパンツを颯爽とはいておられましたが、その日は、まるで、「昨日床に脱いだままのズボンに足をつっこんでそのまま穿いてきました」というような感じ。

おまけに、靴下まで中途半端に下がっていました。

 

「奥さんが入院して大変なんだなぁ。何だか、打ち捨てられて、軒先に棄てられた子猫みたいな感じだったなぁ」としみじみと夫。

「なんか、着るものにも気が回らない感じで、いつものAさんじゃなかったね」。

「いつもは、ピンとアイロンがきいたズボンを穿いてるのにね。ズボンひとつで、ずいぶんと印象が変わるものだねぇ」と私。

夫は、「ボクはいつもヨレヨレだけどなぁ」と言いつつ、少し考え込んでいるようでした。

 

それから私は、夫の綿パンにせっせとアイロンをかけています。

最初は、「いいよ、いいよ」と嫌がるかと思いきや、「アイロンのかかったズボンに足を入れるのは気持ち良い」のだそうです。

そして、たかがアイロンですが、かかっているのといないのでは大違い。

ずんぐりむっくりの夫も、少しはシャープに見えるからあら不思議。

「いいよ、いいよ、すごくいい!!」

夫は満更でもなさそうに、「そうかぁ・・」と。

今では、洗い上がったズボンを手に、「アイロンお願いしま~す!」と声をかけてくるようになりました。

 

リタイア後の男性の身だしなみ。

清潔であることは何より大切ですが、誰かが手をかけている、誰かから大切にされている感がないと、若いころのような内面から湧き上がるエネルギーがないだけに、一気にみすぼらしく見えてしまう気がします。

お一人暮らしの方は、自分で自分に手をかける。

自分でアイロンをかけて、自分で自分を大切にする。

そんなことも大切なのでしょうね。

 

今朝も、アイロンがけからスタート。

ただ、マメな夫ですから、早晩「自分でやった方がうまくできる」とばかりに、アイロン台の前に立ちそうな予感がしています。

 

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

人と自分の境界をはっきりさせて「心配」するよりまず行動。

昨年の今日、私は、甲状腺乳頭がんで甲状腺全摘手術を受けました。

あの手術からちょうど1年が経ち、昨日は、術後1年の定期健診。

結果はおかげさまで「異常なし」。

甲状腺ホルモン剤を毎日服用する以外は、術前と何ら変わらない生活を送っています。

これで、乳癌とともに、無事に甲状腺癌2年生に進級することができました。

 

ただ、悪性度の低いものとはいえ、癌は癌。

少ないながらも、再発や転移の可能性はあり、免疫力を落とさないよう、心がけなければと気を引き締めています。

免疫力を落とさないようにするためには、メンタルを良好に保つことが大切ですが、それを考えるとき、いつも亡き義母のことを思い出します。

 

義母の口癖は、「人生、いつも前のめり」、「心配なんかせん!」のふたつでした。

ふと会話のなかで、「それは心配だねぇ」などと言おうものなら、

「心配?心配なんてしやぁせん!心配して事がええ方に転ぶなら、2日でも3日でも、寝ずに心配するけんど、心配してもどうもならんことは、心配しても無駄じゃし、心配は敵。心配なんてしとらんで、庭に出て草の1本でも抜いた方が、なんぼかマシじゃ」

と、力強く否定したものでした。

きっと、義母なりの不安や心配はあったことでしょう。

ただ、それに負けないように、常に跳ね返して88年の生涯を生き抜いたのだと思います。

 

それにしても、「ただただ心配したって、状況は変わらない」というのはその通り。

対策が打てることならば、やみくも心配にするのではなく、まず行動ですね。

対策のしようがないことは、運を天に任せる。

 

そして、人の問題まで我が事のようにあれこれ思い煩うのも、私の悪いクセ。

もう、30歳を過ぎた子どものことが気になりだして、時々、眠れなくなったりもします。

考えてみれば、それは「私が解決すべき問題」ではなく、「子どもが解決すべき問題」。

人の問題や悩みまで横取りして、あれこれ思い悩んだところで、状況はなにも変わらないばかりか、かえって余計な口出しによって混乱させてしまいかねません。

 

そして、ふたつの癌を体験したのですから、人の心配をしている余裕など本当はないはずです。

常に体力、気力を充実させて免疫力をキープし、チェックを怠らず、自分自身のケアに専念するのが私の仕事。

 

ふと、何か不安がよぎったら、「できること、打つべき対策は?」と考えて、行動に移すこと。

そして、「それは誰の問題なのか?誰が解決すべき問題なのか?」を考えて、しっかりと境界を引くこと。

その二つを心に留めて、「心配なんてしやぁせん!」という義母の精神を受け継ぎたいと思います。

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

ときには、スケールの大きい話しをしよう!

昨日は、地元で月1度開催される里山のお掃除の日。

ふるさとの自然を愛してやまない若きリーダーたちが中心となって立ちあげたボランティア団体に参加させていただいてから4年余り。

中心となって活動しているのは、30代の3人のお子さんのお母さん。

彼女の「ふるさと愛」に感銘を受け、お手伝いをさせていただいています。

 

そんな我がリーダー。

昨日は、浮かない顔で、あるメンバーに相談をもちかけていました。

相談相手のAさんは、60代後半の男性。

私と同じ移住組で、彼も私と同様、彼女たちの姿勢に感銘を受け、お手伝いをかって出てくださっています。

 

リーダーの相談というのは、ボランティア団体を統括する役所の担当者とうまくコミュニケーションがとれないという悩み。

役所内の移動で、新しく着任した担当者は、電話連絡しても不在のことが多く、折り返しの電話もなく、何となく避けられているようで困っているとのこと。

早急に決めなければならない案件もあり、リーダーは困っているようでした。

 

ふむふむとリーダーの話しを聞いていたAさん。

「移動したばかりで、余裕がないんやろうなぁ・・」と理解を示しつつ、「しかしなんやなぁ」とひときわ大きな声で続けました。

「そもそもこの活動は、この地域の自然を大切に守って子供たちに伝え、残していこうっていう趣旨で始まったこと。そして、〇〇さん(リーダー)は、この里山の森の精としてのシンボル的存在なんよ。40年、50年経って、白髪が生えて真っ白になったら、ますます存在感は増すやろなぁ~。そんで、今来てる子供たちも、おっちゃん、おばちゃんになって、子どもやら、孫たちを連れて、この里山に遊びに来る。時代が変わっても、先人から受け継いだ里山をきちんと手入れして、残すべき大切な自然を残す。我々が死んでも、ここの人間の暮らしを守っていく。そういう、息の長い、スケールの大きな話しなんよ。そう思うたら、役所の新しい担当者がどうやこうやって、そんなんどうでもええ話しやわなぁ。そう思わん?」

そんなやりとりのなかで、リーダーに笑顔が戻り、

「そうやねぇ。まぁ、焦らんと、ちょっと様子見ますわ」と応えていました。

 

翻って自分のことを考えてみると、

「冷蔵庫のなかのあれを食べなくちゃ賞味期限が切れちゃう」とか、「明日は生ごみを出す日だから忘れないようにしなくちゃ」とか、視野が驚くほど狭くなりがちなことに気づかされました。

視野が狭くなると、些細なことが気になって、不安になるものですね。

 

目の前のことも大切だけれど、時にはスケールの大きな話しをして、歩む方向を見定めておくことはとっても大切。

過去のことより、そして、今のことより、遠い未来を思い描くこと。

目先のことばかりに視野が固定されないよう、スケールの大きな話しができる自分でありたいと思います。

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

 

知り合い以上友だち未満の心地よい距離感

昨日、半年ぶりに81歳になるAさんから電話をいただきました。

Aさんは、当地に移住した6年前、同じ移住者の先輩として紹介され、それ以来のお付き合いです。

当初は、ランチに自宅へお招きしたり、ご自宅に伺ったり、夫婦でのお付き合いをしていました。

ところが、ここ数年、85歳になるご主人が腰痛などで入院したり、Aさんも血圧が落ち着かなかったりして、ご夫婦の体調に黄色信号が灯るようになってきました。

私も、両親の介護で気ぜわしい日々。

ご無沙汰の期間が続いていました。

 

Aさんご夫婦は、社交的なカップルで、周りには友人がたくさんいらっしゃいます。

お子さんが遠方で暮らすAさんゆえ、車の運転を担当するご主人が入院中の期間は、すぐにも買い物に困ってしまいますが、そこは近くの友人がサポート。

ごく自然に、Aさんご夫婦のサポート隊が結成され、そのメンバーから、Aさんご夫婦の様子はそれとなくうかがっていました。

 

「何かお手伝いした方がいいのかな・・」

気になりながらも、その時、その時で必要なサポートが届いている様子に安心し、時折お電話して声を聴く程度のお付き合いが続いています。

そのAさんから、久しぶりの電話。

 

「お久しぶりです。どうしていらっしゃるか、お声を聴きたくてお電話しました」

そんな第一声から始まる電話。

ことのほか明るい声に安心し、お互いの近況を報告し合いました。

通話時間は、3分余り。

最後には、

「時々、ミントさんの声を聴きたくなって。声を聴いて、気持ちが明るくなったわ。また、お電話しますね。」

「私も、Aさんのお声が聴けて嬉しかったです。また、お電話させてくださいね。」

「もちろんです。」

そんなやり取りで、電話は切れました。

 

いつも快く買物や通院などのサポートをしてくれる近所の友人たち。

その友人に囲まれて、Aさん夫婦は本当に幸せです。

我が家からAさんのご自宅までは20キロ。

なかなか、日常のサポートはできないのですが、それでも忘れずに、声が聴きたいとお電話をいただけるのはありがたいことです。

 

Aさんご夫婦と私たちは、「友だち」というには、おこがましい。

でも、「知り合い」「知人」というよりは、もう少し近い。

この、知り合い以上だけれど、友だち未満という絶妙な距離感を、とても心地よく感じています。

 

日々のサポートをしてくれる友人の存在は、何より大切。

ただ、少し心細くなったり、寂しくなったりした時に、フトと「電話してみたい」、「声を聴いてみたい」と思う人がいるのは、少なからず支えになるような気がします。

 

これが親子となると、言わなくてもいいことを言ってしまったり、聞かなくてもいいことを聞いてしまって、かえって不安や寂しさを募らせたりしがちです。

いずれは私も通る道。

老いの心細さやさみしさを感じたときに、誰かと「知り合い以上、友達未満」の心地よい距離感でつながれる関係を保っていられたらと思います。

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

コンビニで夫が陳列かごに足を取られて転倒。お店の責任?お客さんの責任?

先日、夫が某コンビニで転倒するというアクシデントが発生しました。

 

事の仔細はこうです。

その日、実家地方から自宅に戻るため、車を運転していた夫は、急な腹痛に襲われ、急遽コンビニのトイレを借りることにしました。

店内に入った夫は、まっしぐらにトイレに急行。

と、思いきや、飲料の陳列棚の最下段に、フック状のもので固定されていた金属製のかごが通路に飛び出していて、脛を打ち付けた夫は、足を取られてその場で両手をつき、転倒しました。

その通路に突出していたかごには、バナナが鎮座していたそうです。

丁度朝の忙しい時間帯。スタッフの方は、レジ打ちで忙しく、どなたも夫の転倒には気づくことはなかったもよう。

先を急いでいた夫は、レジの列に割って入り、詳しい状況を説明するのもはばかられ、店から出る間際に偶然みかけた店長らしき人「かごにつまずいて転んだ」ことのみ告げて、その場を立ち去りました。

 

幸い、脛をすりむいた程度の怪我で大事には至りませんでしたが、目の不自由な方や、杖をついた高齢者の方も来るだろうに、通路を妨げるようにかごが飛び出しているのはやっぱり危ない。

そんなことを話していたら、夫は、自分のこの体験を無駄にしてはいけないとばかりに、本部に連絡してみる気持ちになったようです。

 

「〇月〇日、午前〇時頃、〇〇店に入って・・」と状況を説明し始めた夫。

怪我はすりむいた程度で大したことはないものの、あの陳列の仕方は、危険ではないかと気になって電話をしたと用件を説明。

「折り返し、担当の者から電話をさせます」と一度電話は切れ、しばらくして担当者から電話がありました。

 

そしてその電話。夫のトーンは次第に下がり気味。

最後は、「は・・そうですか。わかりました」と電話は切れました。

夫によれば、

「あの通路に飛びだした商品陳列の方法は、全国標準で、今まで事故は1件もないそうだ。で、これからも『やらせてもらう』そうだ。」とのこと。

 

どうやら、慌てて躓き、しかも転倒までするのは、全くのレアケース。

店の責任というより、来店者側の注意義務が足りなかったということのよう。

考えてみれば、夫は急を要してトイレにまっしぐら。

足元の注意が欠けていたのは確かです。

 

思いもかけない転倒に、「ここにこれがあるのがおかしい」と決めつけていました。

でも、どこにも危険は潜んでいることを前提に、まずは自分の身は自分で守る。

いつもアンテナを張っていなければならない、この当たり前のことを再認識させられた出来事でした。

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村