還暦からの再起動

お料理レシピ、時々、遠距離介護や病気との付き合いなども。人生の下りを楽しむ還暦女子の日常です。

[続報]生きているうちに、「セロリの天ぷら」「レタスの天ぷら」も食べてほしいというお知らせ

下記の昨日のエントリーに、思いがけずたくさんのブクマ、コメントをいただき、本当にありがとうございました。

 

yuuhinooka.hatenadiary.com

 

皆様からのブクマのなかで、ズッキーニの天ぷら、トマトの天ぷらが美味しかったというコメントや、きゅうりはカツにしても美味しいというヒントをいただきました。

そこで、ワタクシ、考えました。

「これは天ぷらにはむいていない」と決め込んでいるだけで、もっと他にも天ぷらにすることで、美味しさが引き立つ野菜があるのではないか?と。

 

思い立ったらなんでも試してみなければ気が済まない性分ゆえ、冷蔵庫の野菜庫をゴソゴソ。

そして、セロリとレタスを手に取り、ハート光線(古すぎですねー💦)を送ったのでございます。

 

で、「やり過ぎでしょ!」というお叱りを受けることも承知のうえで、

作ってみましたよ-!

f:id:yuuhinooka:20170819104439j:plain

右上から、セロリ(軸の部分)、レタス、昨日ブクマのコメントで教えていただいたトマト、左下は、セロリの葉、右下は、大根のから揚げ。

 

全5種類。

今回は、セロリ、レタス、トマトに塩は振らず、衣に塩を加えました。

そして、揚げたてをフーフー言いながらいただいたところ、

これらすべてが美味しゅうございました(*^-^*)。

 

まずは、セロリ

f:id:yuuhinooka:20170819104507j:plain

天ぷらにすることで、セロリのクセが和らぎ、お子さんやあまりセロリがお好きでない方も「これなら美味しい」と食べていただけそう。生とは食感が異なり、意外性も楽しめます。

 

そしてこちらはセロリの葉

f:id:yuuhinooka:20170819104647j:plain

高温でパリッと揚げると、大葉の天ぷらのよう。セロリのクセが和らいで、いくつでもいただけます。

 

そしてこちらは、レタスの天ぷら

f:id:yuuhinooka:20170819104529j:plain

大きめの葉を半分にして5センチ角程度に包みこみ、楊枝を刺して衣をつけ揚げました。

すべてについて言えることですが、水分が飛んで甘みが増し、レタスの旨味と衣、そして塩分がマッチ。サクサクの食感と合わさって、スナック菓子のような不思議な感覚。

「不思議美味しい」。 

 

さらにこちらは、トマトの天ぷら

f:id:yuuhinooka:20170819104548j:plain

皮をむき、種を取り除いたトマトに衣をつけ、さっと揚げました。

驚くほど甘みが増し、お味が凝縮。生でいただくよりも、「これ美味しい!」というのが正直な感想です。

 

最後は、大根のから揚げ。

以前、他のブロガーさんが記事にしておられ、気になっていたところへ、昨日のコメント。

これは作ってみたいとトライしました。

f:id:yuuhinooka:20170819104613j:plain

 大根を、醤油、みりん、酒、出汁で煮て冷まし、片栗粉をまぶして揚げました。

もう、サクサク!ジュワーッと煮汁がこぼれ出て、幸せ感満載♡でございました。

 

昨日のエントリーのブクマのなかで、きゅうりを揚げるときの油ハネを心配するお声を頂戴いたしましたが、きゅうり、セロリ、レタス、トマト、大根のから揚げ、すべてを通して、イカを揚げるときのような激しい油ハネは全くありませんでした。

油ハネは、通常の、イモや玉葱、にんじんなどの野菜の天ぷらを揚げるときと同程度でした。

 

というわけで、きゅうりだけではなく、セロリもレタスも、天ぷらにしても美味しい!ということを確認。

夫は、こちらから聞くまでもなく、「これはリピ決定!またお願いしまーす!」と言いながら、台所の後片付けに邁進中。

 

それにしても、長年染みついた先入観が、美味しい天ぷらとの出会いを阻止していたようです。

まだまだ美味しいもの、美味しい食べ方との出会いがあるに違いない。

 

人生、生きている限り悩みはつきもの。

でもまあ、冷蔵庫のきゅうりを見て、「これ、天ぷらにしてもうまいんだよな」と思える一瞬があれば、なんとかる!

トマトはもちろん、セロリもレタスも天ぷらでイケますよ~!

 

どなたさまも、よろしければぜひお試しくださいませ(*^^)v

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

[急告]生きているうちに、「きゅうりの天ぷら」を1度は食べてほしいというお知らせ

「きゅうりの天ぷら」召し上がったこと、ありますか?

私は、ゆうに半世紀以上生きておりますが、きゅうりの天ぷらとは出会ったことなし!

 

ところが、 一昨日、友人とのランチで「きゅうりの天ぷらが美味しい」という話しを耳にしました。

もう、これは試してみるしかない!

というわけで、早速、作ってみましたよー。

 

向かって左がきゅうりの天ぷら。右がゴーヤの天ぷらです。

f:id:yuuhinooka:20170817204510j:plain

 

きゅうりの天ぷらだけのアップ

f:id:yuuhinooka:20170817204601j:plain

 

天ぷらにすることによって、きゅうりの水分が程よく飛んで、

ポクポクしたようななんとも言えない食感。

お味も凝縮して、衣についた油とベストマッチ(^^♪

お好みの塩をかけていただくのがオススメです。

 

最後の一切れは、まさに遠慮のかたまり。

夫と私とで、「食べて、食べて」と一応は譲り合い、

「半分に切ろう」というとことで落ち着いたほどの存在の重さでございました。

 

作り方はいたって簡単。

きゅうりをお好みの形態に切って、軽く塩をふり、5分ほど置いたらキッチンペーパーで水分を押え、てんぷらの衣をつけて揚げるだけ。

てんぷらの衣は、市販の天ぷら粉のパッケージが仰せの通りの分量で作りました。

油は、中温で。ほんのり衣が色づく程度が上げどきかと思います。

 

もしも冷蔵庫にきゅうりが1本残っていたら、ぜひぜひお試しを!

ああ、多くの皆さんの、一口食べた時のオドロきのお顔が見えてくる!!

何だかワクワクでございますよ~笑

皆さん、 生きているうちに、「きゅうりの天ぷら」を1度は食べておこうではありませんか。

 

それでは、どちらさまも、きゅうりの新境地、お楽しみくださいませ(*^^)v

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

お料理とは、相手への想いをかたちにする自己表現の手段(^^♪かたちに残らないものを共有したい!

昨日は、友人をお誘いして、我が家でランチ。

このブログでレシピをご紹介したメニューのうちから6品を作りました。

 

・チンジャオロースー

・しゃきしゃきじゃがいものきんぴら

・牛肉とかぼちゃのバターしょうゆ

マルゲリータ風牛肉と玉葱のチーズトマト煮

・手羽先肉のローズマリー焼き

 

f:id:yuuhinooka:20170817073456j:plain

そして、

・鶏肉のバジル炒めごはん

f:id:yuuhinooka:20170817073538j:plain

 

お昼から、禁断のビールもいただいちゃいました💦

f:id:yuuhinooka:20170817073519j:plain

 

いつも食べているお惣菜。

材料も、ごく普通。

特別取り寄せたものなどひとつもありませんが、こうしてみんなで食べると、また格別に美味しい!

 

そして、

・美味しい!

・こういうの、食べたことない味

・この組み合わせ、めずらしい!

・こんなん、お店で食べるみたい

・いや~、私も作ってみたい!

・なんか、愛情を感じる。

そんなリアクションがまたまた嬉しく、ほっこり、にんまりする私です。

 

リタイアして6年半。

それまでは、外食ばかりでお料理とは無縁。

「暮らし」とはいかなるものかわからなくなるほど、ひたすら走ってきました。

そして、誰一人として知る人のいない当地に移住。

移住した当初は、6年後に自分がお料理を作って友人をもてなすなど、考えもしなかったこと。

ここにきて覚えたお料理は、人とのご縁を授けてくれました。

 

特別な材料がなくても、あり合わせのもので、ちょっと美味しいものをパパッと作る。

それは、私にとっては、相手への想いをかたちにする自己表現の手段。

言葉で労ったり、感謝の気持ちを伝えたり、品物を送ったり。

他にも気持ちを伝える手段はあるけれど、

「お腹が空いているときに、美味しいものを作って、おしゃべりしながら一緒に食べる」

それが、一番、私らしく自分の気持ちを伝えられるような気がしています。

 

かたちに残るものではなく、その時の美味しかった、楽しかった記憶だけを共有したい。

そんな気持ちも確かにあります。

 

これからも、お料理で気持ちを伝えていきたい・・・。

そのためにも、

・美味しくて

・リーズナブルで

・簡単にできて

・見た目にも楽しめる

そんなメニューの開発、これからも続けていきたいと思います。

当ブログでも引き続きお料理記事をアップしていくつもりです。

どうぞ今後とも、よろしくお願い致します。

 

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

かぼちゃと牛肉のバター醤油というネーミングだけでもはや幸せな気分になれる一品<かぼちゃと牛肉のバター醤油>

昨日は、下記のエントリーに、思いがけず多くの方のブクマ、コメントをいただき、ありがとうございました。

 

yuuhinooka.hatenadiary.com

 

 多くの方と、日々の暮らしの大切さ、主体的、能動的に生きることのを意味を分かち合え、得難い体験となりました。

私自身、改めて、「当たり前の日々の暮らしをしっかり固めたい」と思いも新たにしております。

そこで今日は、いつものとおり、暮らしを支える「お料理」のご紹介をさせていただきたいと思います。

 

その名も、<かぼちゃと牛肉のバター醤油>

名前の通り、主たる食材はかぼちゃと牛肉。

これを炒めて、醤油とバターを絡めるだけの超シンプルクッキング。

これがもう、美味しいのでありますよー(^^♪

  

f:id:yuuhinooka:20170812175252j:plain

www.kyounoryouri

 

オリジナルレシピはこちら!

.jp

 

オリジナルレシピ通りに作ってみたら、お味はドンピシャ!

全く、アレンジするところなしでございました。

ご飯がすすむこと間違いなし!

 

かぼちゃは、レンジで柔らかくしてから牛肉と炒めるスタイル。

私は、かぼちゃをかなり崩して牛肉と和える感じにしましたが、かぼちゃと牛肉を別々に味わいたいかたは、さっと混ぜる程度で・・。

 

すぐにできて、ボリュームがあり、誰でも好まれるお味。

 

よろしければ、どちらさまもお試しくださいね(*^-^*)

 

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

孤独との上手な付き合い方は、「暮らし」にあり。受け身にならず心地よく暮らす工夫が自分を救う

昨日は、所用があり日帰りで上京しました。

以前の仕事仲間とも再会。おしゃべりに花を咲かせた数時間。

同世代の話題は、やはり両親のこと。

見送った人あり、介護中の人あり、ハラハラしながら遠くから見守り中の人あり。

看取りを終えた人以外は、それぞれが、「ここ数年が山」だと呟いていました。

 

父からの着信

そして、帰りの飛行機の時間を気にしつつ飛び乗った山手線。

モノレールに乗り替えてほっとした頃、父からの着信がありました。

羽田に着いて、急いでコールバックすると、

「いや・・。今日、デイサービスに行って帰ってきたんだけど、母さんもいないしさぁ、独りでさ、ちょっとくさっちゃったんだよー」と。

「母さんは、もう、ここへ帰って来ることはないだろうか?」

「一緒には暮らせんのか」

「もう良くならんのか」

何度も何度も同じことを繰り返す父。

そして、「もう、自分も生きて3年くらいだと思う」と弱気な発言。

「そんなこと言わないで、お母さんのためにも頑張ってよ!」と励まし、「そうだなー」といつものように気を取りなおし、父は電話を切りました。

 

90歳を目の前にして、生まれて初めて一人暮らしとなった父は、孤独が何より辛いよう。

母が元気だった頃、あれほど威張って威勢の良いセリフを吐いていた父が、「青菜に塩」さながらにションボリしている姿は、少々切ないものがあります。

人生の最晩年、「孤独とどう付き合うか」という課題が待ち受けていることを、今さらながら痛感させられます。

 

独り暮らし、でも老いの孤独とは無縁な友人の母親

父親への電話を切った後、ぼんやり考えていたのは、昼間おしゃべりした友人のお母様のこと。

独身の彼女は、いつか88歳の母親と暮らすつもりではあるものの、「まだお許しが出ない」のだとか。

彼女のお母様は、60代半ばに夫に先立たれた後、20年以上ずっと独り暮らし。

「お母さんも年なんだから、そろそろ一緒に暮らそうか」ともちかけても、

「全然寂しくない」「独りの方が気楽でいい」「あんたはあんたで頑張りなさい」「帰って来られても困る」と全く受け付けないのだとか。

友人は、うちの母親に限っては、「老いの孤独とは無縁だわねー」と話していました。

 

暮らしがしっかりすると揺らがない

友人の話しを聞いていた私たちは、お母様に興味津々。

「どうして寂しくないのかな?」そんな問いかけに友人は、「だって、寂しさが入り込むスキがないっていう感じだもん!」と。

とは言っても、お母様が、趣味に仕事に八面六臂の忙しい生活を送っているわけではなく、むしろ、何の変化もない決まり切った毎日を淡々と過ごしているのだとか。

 

朝は、5時起床。玄関の掃き掃除から始まり、植木に水遣り。

朝食は、20年来、一膳のご飯、味噌汁と納豆に目玉焼き。

午前中に掃除と洗濯。シーツもパジャマも毎日洗わないと気が済まないのだとか。

疲れたら休んで好みのお茶をいれ、新聞に目を通して11時を過ぎたら昼食づくり。

午後は2時間ほど昼寝をして、夕方になったらほぼ毎日、老人カーを押して片道15分ほど歩いて買い物へ。

惣菜は「美味しくない」と決して買わず、毎日2品、夕食に何かを作るのが日課になっているそう。

6時に夕食を終えた後は、少しテレビを観て、お風呂に入り、9時に就寝。

一日おきに2合のご飯を炊き、自分のために手をかけて料理を作り、晴れた日には布団に陽を当て、洗いたてのシーツで眠りにつく。

家は狭くて古いけれど、いつもこざっぱりと片付いていて、3鉢と決めた花の手入れも欠かさない。

芸能人や政治家のスキャンダルには全く興味を示さず、ワイドショーも全く見ない。

腹の立つこと、胸が痛むニュースは耳に入れず、自分が今日一日、無事に過ごせたことに感謝する。

そんな暮らし を送っておられるとのこと。

 

母は、毎日の暮らしがほんとしっかりしているから、揺らがないんだと思う。

そんな友人の言葉に一同、ひどく納得した私たちでした。

 

受け身にならないことを肝に銘じて

そんな友人のお母様のお話しを聞いた後の父からの電話。

やはり、父の孤独の根っ子を思わざるを得ませんでした。

父の寂しさは、母と別れて暮らすことが直接の要因ではあるけれど、それだけではなく、孤独が増幅するような条件に身を置いていることも大きいような気がしています。

父親の生活は、すべてが受け身であり、自分自身でコントロールできること、裁量で動かせることがごくわずかになっています。

食事も、基本、施設で提供されるものに限られ、自分で選択したり作ることはありません。

母親との面会も、自分で自由に行くことはできず、姉や叔母の都合に合わさざるを得ません。

デイサービスへの参加など週間のスケジュールが組まれ、それに合わせて動く日々。

自分で考え、主体的に何かを工夫することがなく、時間だけが有り余る日々のなかでは、孤独がどんどんと増幅していくのでしょう。

 

年を重ねれば、多くの人は孤独と向き合うようになる。

もちろん私自身も。

その時のヒント、それは、「しっかりと暮らしを積み重ねる」「受け身にならない」。

共に晩年を生きる友人のお母様と父、その二人から、受け身にならず心地よく暮らす工夫が自分を救ってくれる、そんなメッセージを受け取ったような気がしています。

 

そしてこのことは、なにも高齢者に限ったことではないのではないか。

やはり、「暮らし」の根と幹を太くしておくことが大切だと再認識しています。

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

お料理に疲れたときは、火を使わないこんなのはいかがでしょう<お豆とコーンの3色マリネ>

さてさて、今やお盆の真っ最中。

あれこれ、疲れが溜まる時期。

もう、お料理はパスしたい!

そんな時には、火を使わずに合えるだけで食べられるこんなメニューはいかがでしょう。

 

<お豆とコーンの3色マリネ>

f:id:yuuhinooka:20170813170537j:plain

f:id:yuuhinooka:20170813170559j:plain

すみません。色がイマイチ💦

本当はもっとひよこ豆とグリンピースの色が鮮やかなんですけど・・。

 

お豆の優しい甘さとコーンの塩気がマッチして、どれだけでも食べられちゃう美味しさ。

前菜として、サラダ代わりの一品として、定番メニューになること請け合いです。

冷蔵庫で保存すれば、4~5日は保存可能。

少し大目に作って、ストックしておけば、小腹が空いた時のオヤツ代わりにもなりますよ(^^♪

 

それでは、作り方のご紹介。

作りやすい分量でご紹介します。

 

材料

ひよこ豆(缶詰) 1缶

・コーン(ホール)の缶詰 1缶

・グリンピース 缶詰(小) 1缶

・玉葱中1個分のみじん切り 

・すし酢 大匙4

・オリーブオイル 大匙3

・塩・こしょう 適量

 

作り方

ひよこ豆、コーン、グリンピースの缶詰を開け、水を切っておく。 

②玉葱のみじん切りは、水にさらすかそのまま放置するかして、辛みを抜いておく。

➂ボウルに①、②、そしてすし酢、オリーブオイル、塩、こしょうを入れ、混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほど冷やしておく。

 

本当に簡単で失敗なし!

彩もきれいで材料費も安い!

 

もしよろしければ、どちらさまもぜひお試しくださいませ(*^^)v

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

周りはカリカリ、中はジュージー、大葉と梅の香り高い<ミルフィーユカツ>はいかがでしょう

本日ご紹介するのは、こちらの<ミルフィーユカツ>

豚肩ロースの薄切り肉の間に、大葉と梅肉を挟みこんで4層に。

少量のサラダ油で揚げ焼きにしました。 

 

大葉と梅肉がお肉のしつこさを消し去ってくれて、夏バテに予防には最適な一品です。

 

f:id:yuuhinooka:20170812175444j:plain

 

 参考にしたのがこちらのレシピ

www.kyounoryouri.jp

 

作り方は簡単!

夏休みの工作を作るような気持ちで、トライしてみてくださいね。

①ロース肉2~3枚を縦につなげ、小匙1の梅肉を広げ、上から大葉を重ねる。

②大葉の上から小麦粉を少量振り、豚肉をかぶせ、梅肉を塗り、大葉を重ねる。

 これを豚肉が4層になるまで繰り返す。

➂周囲に小麦粉を振り、溶き卵につけた後、パン粉をまぶす。パン粉をまぶしたら、冷蔵庫で20~30分休ませておく。

④フライパンに2センチほどのサラダ油を入れ、油が冷たいうちに③をフライパンに入れる。中火で熱し、周囲が色づいてきたら上下をひっくり返す。両面焼き色がついたら弱火にして、7~8分、じっくり中まで火を通す。

 

実は、揚げ焼きではなく、グリルで焼くのがオリジナルのレシピ。

ただ、このミルフィーユカツは、「周囲はカリカリ、中はジュージー」に限るのではなかろうか?

そんな思いに突き動かされ、今回、少量のサラダ油で揚げ焼きにしてみました。

 

揚げるというと、熱くなった脂にタネを投入するのが通常のやり方ですが、今回は、油が冷たい状態でお肉を投入してみました。

結果は、大成功(*^^)v

メリットとしては、

①ハネることがなく、危険が防止できる。

②じんわりと熱が加わって、焦げることなく焼き色がうまくつく。

 

「170℃の油で・・・」と神妙にやっていたのは何だったの?というぐらいの出来上がり。

揚がったカツは、決して油っぽくはなく、カリカリ、サクサク、中ジュージーでございました(^^♪。

 

ミルフィーユ状のカツは、切り口がきれいで、豪華な印象。

それでいて、材料費は低価格(^^♪

もちろん、美味しさは保証つき!

 

よろしければ、どなたさまも、お試しくださいませ(*^^)v

 

 

目を通していただきありがとうございました。

あしあとを残していただけると励みになります。 


にほんブログ村