読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

還暦からの再起動

リタイア後に田舎暮らしを始めた還暦女子。それなりの「人生の旬」を綴ります。

ブログを始めようと思ったのは

始めまして。

60歳を目前に控えた「還暦女子」です。

今日からブログを始めることにしました。

 

時の流れの速さに戸惑う日々

「ホント、年をとると1年がはやいよね~、もう3月も中旬だよ!」

よくそんな会話を交わします。

信じられないくらい、1日が、1か月が、1年が早い。

瞬きをしている間に、どんどんと飛ぶように過ぎていく日々。

このまま、掌から零れ落ちるように時間が経って行ったらと思うと、空恐ろしくなるほどです。

 

「明けない夜はない」と歯を食いしばって耐えていたら、きっと時間は長く感じるはず。

そう考えれば、幸せなことかも知れませんが、一方で、何かひどくもったいないような、大袈裟に言えば焦りにも似た気持ちがあることも確かです。

 

両親の老いは、自分の行く道

実家の83歳の母が、3か月前に脳梗塞で倒れ、回復期リハビリテーション病棟に入院しています。

あれほど「絶対になりたくない」と言っていた脳梗塞で倒れました。

梗塞の範囲が広いため、残念ながら、大幅な回復は望めません。

そして、サービス付き高齢者住宅で現在一人暮らしをしている88歳の父も、一人暮らしの孤独から、驚くほど急速に認知症が進み、ひどく衰えました。

二人を見ていて思うのは、いつか自分も辿るであろう老いるということの現実。

この先、元気でいられるの時間は限られている・・。

そんな当たり前のことを、今さらながら認識する日々を過ごしています。

 

ブログに綴ることで、今、この時を深く味わいたい

そんなこんなで、残された日々、嬉しいことも、悲しいことも、より深く味わい尽くしたい思うようになりました。

日々の出来事や、感じたこと、考えたことを文章に残してみたい。

それが、ブログを始めた動機です。

 

ブログ初心者ゆえ、きっと失敗も。

それもこれも、楽しみながら、自然体で肩の力を抜いて、

続けていけたらと思っています。

 

どうぞよろしくお願い致します。